北奥法律事務所

岩手・盛岡の弁護士 北奥法律事務所 債務整理、離婚、相続、交通事故、企業法務、各種法律相談など。

〒020-0021 岩手県盛岡市中央通3-17-7 北星ビル3F

TEL.019-621-1771

肘折峠ものがたり

肘折峠ものがたり

東北某県の奥地、隣県との境に、かつて肘折峠と呼ばれた場所があった。現在は大きな迂回道路があるが周辺に人里や観光地などはなく、ほとんど利用者はない。

かつては断崖に沿って急坂の峠道があったが、廃道になり利用者はない。麓側の入口には進入禁止の警告看板がある。

昭和40年代頃のこと。一人の男が看板の奥を進んでいくと、間もなく岩を這うようにしてよじ登らなければならない急坂となり、これが延々と続いた(これが峠の名称の由来)。

そして、それを越えると、斜面に沿って階段状に作られた、階数や奥行きなどがよく分からない大規模な木造の一軒宿(温泉?)が現れた。

宿は少し前に廃業したらしく無人だが、宿の脇は断崖や這松帯となっており、峠(尾根)に向かうには宿の中の廊下や階段を進む必要がある。男も建物内を通って峠に向かった。

すると、建物から幾人かの人が現れたが、その人々は亡者であった。亡者は、この地やこの宿に未練があり、酒肴らしきものを片手に今も生前の思い出と共にここで暮らしていると述べていた。

しばらくして、どのような事情か判然としないが、白装束の若い女の亡者が現れて男を殺そうと攻撃してきた。女亡者は猫を2匹(黒猫と茶猫)従えており、女亡者が猫に触れると猫が凶暴化して男に襲いかかってきた。

男は猫に肩を食いちぎられる重傷を負ったが、辛うじて男が女亡者にかけられた呪いを解き、女は正気に戻った(女性は生者のようである)。そして、他の亡者は消えていき建物は崩壊して、以後、肘折峠は封鎖され、迂回の車道以外は誰も通らなくなった。

それから数十年を経た現在。隣県から峠道を越えてきた家族が尾根周辺で自動車を停めて散策していたところ、家族のうち誰か(判然としない)の姿が見当たらなくなった。

行方不明になった誰かが進入したと思われる目新しい踏み跡は、かつての肘折峠の尾根側の入口であった・・

***********

という夢を、つい先日に見ました(記憶の断片を一部編集していますが概ね夢の内容と同じです)。実話の類かと思った皆様、夢ネタですいません。

起床後しばらくは夢の中で鳴り響いていた悲しげなテーマ曲が脳裏を離れなかったのですが、朝食後には忘れてしまいました。

ちなみに、ネット検索すると、山形の肘折温泉の近くに未舗装区間を含むエグい峠道(冬季閉鎖される国道)の記事が出てきますが、「肘折峠」という名称の場所を見つけることはできませんでした。

夢での光景は霧に包まれた高層高原でしたので様相は異なりますが、そちらの峠もかなりの急斜面のようです。

最近はあまり夢を見る機会がなくなりましたが、以前はこうしたストーリー性のある夢(いささかホラーな感じの夢)をよく見ていたので、思わず投稿したくなった次第です。

前回の投稿で記載した「イギリス海岸に行った日」の晩に見た夢ですので、宮沢賢治の魂が乗り移って、こんな物語じみた夢を見たのかもしれませんが、「女亡者」は某ピースに登場する四皇こと大物海賊の方(2匹の猫はゼウスとプロメテウス)の見過ぎかもと思わないでもありません。

追伸。その次の日あたりに、職員から「最近、ブログが雑談ばかりで仕事に関する話をちっとも書いてませんが、そんなんでいいんですか」と叱られる夢を見ました・・(幸い、現在も相応に仕事をお引き受けしており、仕事関係のネタを時間をかけて書くだけの時間はあまり確保できていません)

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »