北奥法律事務所

岩手・盛岡の弁護士 北奥法律事務所 債務整理、離婚、相続、交通事故、企業法務、各種法律相談など。

〒020-0021 岩手県盛岡市中央通3-17-7 北星ビル3F

TEL.019-621-1771

町弁のアヤメぬショウブをカキツバタ

町弁のアヤメぬショウブをカキツバタ

私の子供の頃には自宅周辺に池沼が点在しており(田舎育ちだからという面も大きいですが)、小学校低学年の夏季などは生物の採集や観察に明け暮れる日々を過ごしていました。

残念ながら現在の生活ではそのような環境に触れる機会は皆無であり、盛岡圏で「一般人が遠慮なく立ち入ることができる池沼」となると、繋温泉にある尾入野湿性植物園くらいしか思い当たりません(岩手大の植物園にも池があるそうですが、なぜか赴く機会に恵まれません)。

そんなわけで、尾入野がカキツバタ?の名所ということもあり、毎年の6月前後に赴くことが多く、先日も立ち寄ったのですが、まだ咲き始めという状態でした(6月上~中旬頃が最盛期なのでしょう)、

私は植物に知見がなく関心も乏しいので、咲いている花が、カキツバタなのかアヤメなのかショウブなのか全く分かりませんが、花もさることながら、湿地の生物群に接していると何となく癒やされる感じはあります。

いつもどおり帰宅後は事務所に戻り起案と雑務に追われる日々となりますが、ネットで少し調べたところ、これらの花言葉が、いずれも幸運を連れてくるなどというものなのだそうで、「暴力ではなく平和的な手段で紛争の解決を図る仕事」に携わる者として、苦労の末に社会にも私個人にも、よい結果が生じてくれればと思わずにはいられませんでした。そんなわけで一首。

殺めずに理を書き付ける勝負には
幸せを呼ぶ花が咲くらむ

DSC06390      DSC06392

ところで、以前にも書いたことがあるかもしれませんが、盛岡圏(市の中心地区)に人々(主に子供)が気軽に触れあうことができる池沼・湿地の類がほとんどないのは非常に残念です。本来は湧水の豊富な場所だそうですから、都市開発の際に、そうした空間(親水公園的なもの)を創出する営みがもっとなされるべきではないかと思います。

某RCが開設した「どんぐりの森」についても、池がないというのは寂しい話で、尾入野に棲むドジョウも残念に思っていることでしょうから、どなたかのご尽力で、あの場所に湿地帯を新たに設けていただければなどと願っているところです。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »